議員総会(県境産業廃棄物不法投棄対策特別委員会設置の動議)
青森県議会会議規則第17条の規定により提出する。
平成15年12月12日
青森県議会議長 上 野 正 蔵 殿
提出者
  斗 賀 壽 一 渡 辺 英 彦
今      博 三 上 隆 雄
松 尾 和 彦 新 保 英 治
中 村 友 信 相 馬 しょう一
山 田    知 三 上 和 子
田名部 定 男 三 橋 一 三
北    紀 一 鹿 内    博
山 谷 清 文 山 内 正 孝
諏 訪 益 一  

 設置理由

本県田子町及び岩手県二戸市の県境における産業廃棄物不法投棄事件は、不法投棄された現場が、馬淵川水系の上流部に位置していることから、流域の水質及び土壌の汚染、ひいては水循環を乱す恐れがある等、また、その規模においても全国で最大級と、本県では未だ例をみない未曾有の出来事であり、県は早急に廃棄物の全量撤去を基本とした原状回復対策を講ずるとともに、風評被害防止対策も適切に講ずる等一日も早い解決が求められている重要かつ緊急な課題である。
  県議会としても、これら課題に積極的に対処する必要があることから特別委員会を設置するものである。
1 名 称  「県境産業廃棄物不法投棄対策特別委員会」
2 定 数 17名
3 付託事項 県境産業廃棄物不法投棄に係る諸対策について
4 審査期間 目的遠戚まで閉会中の継続審査に付すること
Copyright(C) tomonobu nakamura, All rights reserved.