議員全員協議会
日本原燃株式会社六ヶ所再処理施設の総点検に
係る報告に関する青森県議会議員全員協議会
   
日時:平成16年4月7日
場所:西棟8階大会議室
1.開 会    
  ・報告(知事、日本原燃(株)、経済産業省原子力安全・保安院)
2.質 疑    
  (1)自由民主党  滝沢  求 議員
    中谷 純逸 議員
    太田 定昭 議員
  (2)新政会 田名部定男 議員
    山内 正孝 議員
  (3)公明・健政会 伊吹 信一 議員
  (4)社民・農県民連合 渡辺 英彦 議員
  (5)真政クラブ 相馬 しょう一 議員
  (6)日本共産党 諏訪 益一 議員
  (7)県民クラブ 鹿内 博 議員
3.閉 会    
平成16年4月7日
青森県議会議員全員協議会知事報告要旨
 本日、県議会議員全員協議会の開催をお願いいたしましたのは、日本原燃株式会社六ヶ所再処理施設の総点検結果について、国及び日本原燃株式会社から報告がなされたことから、その内容について御報告し、御意見をお伺いするためであります。
  平成16年3月31日に、日本原燃株式会社佐々木代表取締役社長から本職に対して、再処理施設の総点検に係る報告がありました。また、翌4月1日には、経済産業省原子力安全.保安院薦田審議官から、日本原燃株式会社が実施した品質保証体制点検結果報告書に対する国の評価について報告がありました。
  日本原燃株式会社からは
1 施工上問題のある溶接箇所が見つかった使用済燃料受入れ貯蔵施設の補修を行い、平成16年1月28日、国から使用前検査の合格証が交付され、健全なものに復旧したこと。
1 品質保証体制点検については、「設備及び建物の健全性の確認」を書類点検、現品点検で行い、施設全体の健全性に問題のないことを確認したこと。また、品質保証体制については、反省点が5点抽出され、社長自らが先頭に立って全社を挙げて改善に取り組み、県民の信頼回復に最大限の努力をすること。
原子力安全・保安院からは
1 日本原燃株式会社が実施した点検・補修等は妥当であり、再処理施設の設備等の健全性は確認されたが、品質保証体制については、改善すべき点があり、今後改善策が確実に実行され、それをフォローアップしていく必要がある。
との内容でした。
  県としては、使用済燃料受入れ貯蔵施設のプール水漏えいに始まる一連のトラブルに関連して、使用済燃料受入れ貯蔵施設での不適切な施工、それに対する補修の実施、また品質保証体制の点検を行わざるを得なくなったことは、極めて遺憾であります。
  先の県議会議員説明会において、直接、国及び事業者から議員の皆様に再処理施設の総点検結果や国の評価について御説明したところでありますが、本日は、この県議会議員全員協議会において、県民を代表する議員各位の御意見をお伺いしたいと存じますので、何とぞよろしくお願いいたします。
  以上、御報告といたします。
「日本原燃株式会社六ヶ所再処理施設報告の総点検に
係る報告について」の県議会議員全員協議会用資料一覧
○日本原燃(株)関係
1. 使用済燃料受入れ・貯蔵施設のプール水漏えいに係る調査、点検結果及び補修計画について(概要版含む)(平成15年8月6日)
2. 再処理施設 埋込金物健全性点検結果報告書(概要版含む)
(平成15年12月22日)
3. 再処理施設 品質保証体制点検結果報告書(改訂)
(平成16年3月17日)
4. 再処理施設 品質保証体制点検結果報告書(改訂)(概要)
(平成16年3月17日)

5.

再処理施設 総点検結果について
○経済産業省原子力安全・保安院関係
1. 再処理施設品質保証体制点検結果報告書に対する評価について
(平成16年3月31日)
2. 日本原燃株式会社「再処理施設品質保証体制点検結果報告書」に対する評価
(平成16年3月31日)
3. 科学試験からウラン試験への移行条件の終了確認の考え方
(平成16年3月19日)
4. 日本原燃(株)再処理施設ウラン試験計画書の確認結果
(平成16年3月19日)
Copyright(C) tomonobu nakamura, All rights reserved.