県境産業廃棄物不法投棄について

岩手県知事とのトップ会談をすべきではないのか
(再質問)
 岩手県が汚染拡散防止の遮水壁を設置しないことと、馬淵川流域34万人の水の問題を考えれば、近々岩手県の増田知事とトップ会談をして、早期解決を図るべきではないのか。
(三村知事再答弁)
 岩手県が汚染拡散を防ぐ遮水壁を整備しない方針を示していることについて、岩手県の増田寛也知事に対し「きちんと、こちらからの強い思いをお伝えする」と述べ、近くトップ会談を行い、岩手県に万全の汚染拡散防止対策を求めていく考えを明らかにした。
 また、「馬淵川という共通の水系、流域の問題であり、いい形の解決策を生み出して生きたい」と答弁した。

2003年(平成15年)7月26日 東奥日報より抜粋
 
Copyright(C) tomonobu nakamura, All rights reserved.